免疫治療の利点について|初めて免疫治療という言葉を聞いた方に知っておいてほしいこと

medical.net

自分の体内にあるものでがん細胞をやっつけるのが免疫治療

免疫治療の利点について

病院

免疫治療のメリット

免疫治療のメリットは副作用がほとんどないところです。なぜ副作用がほぼないかというと、免疫治療では自分の免疫細胞を使ってがん細胞をやっつけるので、副作用がほとんどないです。抗癌剤治療や放射線治療の場合は効果が高い分、副作用がある点が課題としてあげられますが、免疫治療は身体の中にあるものでがん細胞を退治するので、高齢の方や持病のある方にもおすすめの治療です。副作用がないことで、他と治療法と併用出来る点もメリットとして上げられます。例をあげると化学療法などで免疫力が低下していても、免疫治療で免疫力をまた回復させることが出来るなど、使い道は様々です。

自然免疫細胞の種類

自然免疫の細胞にはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)やマクロファージ、好中球、樹状細胞などがあります。NK細胞は様々な免疫細胞の中でも特に大事な働きをします。NK細胞は血液と一緒に身体中を巡回して、異物を発見したらすぐに攻撃をしてくれます。がん細胞の初期は、このNK細胞が退治してくれます。マクロファージは、異物を食べるので食細胞と呼ばれることがあります。異物を食べて情報を収集し、獲得免疫細胞にその情報を伝える役割をします。

獲得免疫細胞の種類

獲得免疫細胞には、B細胞、キラーT細胞、ヘルパーT細胞などがあります。B細胞は、ウィルスや細菌などの異物に対して抗体というものを作る免疫細胞です。例えば敵の特徴から、倒すのに必要な武器を製造して戦うという役割なので、とても重要な免疫細胞です。キラーT細胞は主にがん細胞に対しての攻撃性が高いことで有名です。ヘルパーT細胞は獲得免疫細胞の司令塔を担っています。自然免疫細胞から送られてきた外敵情報をキャッチし、B細胞やキラーT細胞に攻撃命令を下す役割を果たします。このように自然免疫細胞と連携したりして、人間の身体を守ってくれている免疫細胞達は今も私たちの身体で仕事をしてくれています。

広告募集中